「 床材 」 一覧

一手間かけてみる

清澄白河の現場(その1)にて黙々と塗装したフローリング。こちらは床ではなく、冷蔵庫を隠す柱型の仕上げ材になります。もとはニッシンイクスの「オールドチェスナット」。塗装しないでもかなりいい質感な

続きを見る

清澄白河の床下地

清澄白河(その1)の現場は床下地を作っています。今回は床上げをしないので。遮音マット+針葉樹合板が下地になります。遮音マットは「わんぱく応援マット」を使用。こちらの特徴はなんといっても遮音性能

続きを見る

床貼り開始@蔵前

蔵前の現場は本日から床貼り作業開始です。手際の良い職人さんのズンズン進んでいく作業は、見ているだけで気持ちがいい。今回は床暖房を導入するので、フローリングはウッドハートの床暖房対応のチーク複合

続きを見る

床の不陸調整

清澄白河の現場は床を貼る前のコンクリートの不陸調整が完了しました。今回は床あげをしない仕様なので、既存のコンクリートに凹凸や平らでない箇所がある場合キレイに平らにします。平らにしたうえで今回は

続きを見る

床貼りしています

亀戸の現場はフローリングを貼っています。今回使った床材はメープル。重厚で衝撃にも強い材料です。アメリカのNBAではほとんどの床がメープルを使っているとの噂も。無塗装だと白っぽいですが、オイルを

続きを見る

フレンチヘリンボーンの床

三番町の現場は昨日からフローリングを貼り始めました。実は初めて挑戦のフレンチヘリンボーン。ヘリンボーンとは木材の小片を魚の骨のように貼りあわせたフローリングで、開きにした魚の骨の形状に似ている

続きを見る

フローリング貼り×2

武蔵新田の現場は昨日からフローリング貼り作業を開始。よく言えばワイルド、悪く言えばやや粗くクセのあるフローリングなので、職人さん達も慎重に貼っていました。 そして吉祥寺でもフロー

続きを見る

武蔵新田現場打合せ

今日は武蔵新田の現場で、お客さんと壁下地や床下時などの途中経過の確認と、未決事項や変更事項に関する打合せ。来週からフローリングも貼っていくので現場で実際の材料も再確認。 この味の

続きを見る

sidead

sidead

PAGE TOP ↑