塗装終盤

Exif_JPEG_PICTURE

1日から始まった清澄白河(その2)の塗装も終盤。しかし白ってすごい。空間がものすごく明るく感じます。床の養生も白っぽいから余計(という言い方が適切かは別として)に明るいです。
同じ白でも既存躯体の凹凸が残っているところが、平滑な壁と違って個人的には好きなところです。こういう素材感を感じることが出来るのがリノベーションのいいところだと思います。

sidead

関連記事

2015.03.03 Tue

R不動産toolboxの事例紹介に掲載されました

R不動産toolboxの「メタルシーリングライト」と「工業系照明」の事例紹介に、昨年完成した

記事を読む

2016.05.16 Mon

学芸大学解体検査

先週から始まった学芸大学の現場。解体も無事完了したので、本日は解体後の躯体の状態のチェックや

記事を読む

2015.07.30 Thu

事務所近くの物件の再現調

昨日午後に事務所から超至近距離の物件の再現調にいってきました。以前はまだ入居者がいらっしゃっ

記事を読む

2014.12.17 Wed

あわただしい三番町の現場

徐々に下地も出来てきた三番町の現場。今日は引き続きの下地づくりに加え、電気の配線や材料の搬入

記事を読む

2016.08.04 Thu

菊川の現場スタート

今週から菊川の現場が始まりました。REISMさんの「base」シリーズ、広めのワンルームです

記事を読む

2016.01.10 Sun

清澄白河引渡し

清澄白河のリノベーション(その2)は昨日引渡しでした。床のパイン材のフローリングはBRIWA

記事を読む

2016.01.30 Sat

日吉の検査

昨日は日吉の再販物件の検査でした。壁構造の開口をRにしたところがいい感じで気に入っています。

記事を読む

2015.03.12 Thu

小さなシンク

曙橋のカフェ部屋はカウンターも出来上がり、来週の引渡にむけて着々と進んでいます。

記事を読む

2015.02.18 Wed

ホームページ更新しました

ホームページ更新しました。REISMの物件を2件追加です。ともに個性的なワンルームで人気のシ

記事を読む

2014.12.15 Mon

武蔵新田現場打合せ

週末解体の終わった武蔵新田の現場で、お客さんと解体後の確認打合せをしました。設計変更必要な箇

記事を読む

sidead

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sidead

PAGE TOP ↑