床貼りと遮音等級と遮音マット

Exif_JPEG_PICTURE

なんか「部屋とYシャツとわたし」みたいなタイトルになってしまいましたが、清澄白河のリノベーション現場では床(フローリング)貼りの下地工事が始まりました。まずは謎の黒い物体を敷き詰めています。
この黒い物体はいったい何者!?

Exif_JPEG_PICTURE

正解は「遮音マット」。この現場はマンションの管理規約でフローリングを貼る際の床の遮音等級が決まられています。たまに特に遮音の規定のないマンションもありますが、ほとんどのマンションであると言ってもいいのではないでしょうか。
床があがっている物件(二重床)では、置き床で使う脚で支持脚等で遮音等級をクリアーできますが、今回の現場は直床(床の躯体に直接床を貼る)になるので、遮音の等級をクリアーするために遮音マットを使います。遮音マットを使わずに遮音性能のあるフローリングを使うという場合もありますが、正直あまりいいと思うフローリングがなくて、しかも遮音性能のあるフローリングは独特のフカフカ感があり、人によっては船酔いみたいになって気持ち悪いという方もいます。
今回この現場で使用しているのは「わんぱく応援マット」。L-40の遮音性能があってフカフカしないのが売りのすぐれものです。

Exif_JPEG_PICTURE

現場ではこんな感じで躯体にボンドを塗り塗りして、その上に遮音マットを敷いていきます。敷き詰めたらさらに上からベニヤを貼っていきます。これで下地は完了、あとは好きなフローリングをガシガシ貼っていくのみです。

Exif_JPEG_PICTURE

一足先にベニヤ下地まで出来ていた入谷の現場では、ナラ材の無垢フローリングを貼っていました。この現場でもわんぱく応援マットを使っています。

Exif_JPEG_PICTURE

当たり前ですが、床材は部屋の雰囲気を決める大きな要素になります。一度貼ったら簡単に貼りかえも出来ませんし、長く付き合えることが大前提ではないかと。なのでやっぱり気に入って納得したものや、こだわったものにするべきだなと思います。

 

sidead

関連記事

2014.12.12 Fri

世田谷のカフェは現場打合せ

今日は世田谷のカフェの現場でお客さんと厨房業者さんと打合せ。厨房業者さんとは設置位置の寸法、

記事を読む

2015.09.16 Wed

蔵前の現場解体開始

蔵前の現場は昨日から解体が始まりました。温水式の床暖房が入っているので床の解体は慎重に。慎重

記事を読む

2014.06.13 Fri

古巣(?)で打合せ

久しぶりの日本橋小網町でBAUMさんと打合せ。 蔵前に移転する前はこの場所がオフィスでした

記事を読む

2015.02.13 Fri

POPEYEの特集「部屋と料理。」

現在発売中の雑誌「POPEYE」の特集は「部屋と料理」。東京の居心地のいい部屋というページも

記事を読む

2015.01.15 Thu

フローリング貼り×2

武蔵新田の現場は昨日からフローリング貼り作業を開始。よく言えばワイルド、悪く言えばやや粗くク

記事を読む

2014.02.17 Mon

日本橋中洲のお宅

先日雪の降るなか、久しぶりに日本橋中洲のお宅へ。 相変わらずグリーンの似合う素敵な

記事を読む

2017.08.23 Wed

渋谷のカフェの現場

渋谷のカフェプロジェクトの現場は佳境に入ってきました。先日は暑いなかクライアントさん自らカウ

記事を読む

2015.05.15 Fri

板橋本町のワンルームはあと少し

板橋本町のワンルームはラストスパートに入りました。塗装が終われば、あとは設備機器を取付けるの

記事を読む

2014.06.26 Thu

ホームページ更新

少し遅くなりましたが、浅草橋のワンルームをホームページにアップしました。 海外のアパートメ

記事を読む

2016.10.08 Sat

三鷹の一棟プロジェクトがグッドデザイン賞

棟内モデルルームのデザインを担当した三鷹の1棟プロジェクト「リノア三鷹」がグッドデザイン賞を

記事を読む

sidead

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sidead

PAGE TOP ↑