床貼りと遮音等級と遮音マット

Exif_JPEG_PICTURE

なんか「部屋とYシャツとわたし」みたいなタイトルになってしまいましたが、清澄白河のリノベーション現場では床(フローリング)貼りの下地工事が始まりました。まずは謎の黒い物体を敷き詰めています。
この黒い物体はいったい何者!?

Exif_JPEG_PICTURE

正解は「遮音マット」。この現場はマンションの管理規約でフローリングを貼る際の床の遮音等級が決まられています。たまに特に遮音の規定のないマンションもありますが、ほとんどのマンションであると言ってもいいのではないでしょうか。
床があがっている物件(二重床)では、置き床で使う脚で支持脚等で遮音等級をクリアーできますが、今回の現場は直床(床の躯体に直接床を貼る)になるので、遮音の等級をクリアーするために遮音マットを使います。遮音マットを使わずに遮音性能のあるフローリングを使うという場合もありますが、正直あまりいいと思うフローリングがなくて、しかも遮音性能のあるフローリングは独特のフカフカ感があり、人によっては船酔いみたいになって気持ち悪いという方もいます。
今回この現場で使用しているのは「わんぱく応援マット」。L-40の遮音性能があってフカフカしないのが売りのすぐれものです。

Exif_JPEG_PICTURE

現場ではこんな感じで躯体にボンドを塗り塗りして、その上に遮音マットを敷いていきます。敷き詰めたらさらに上からベニヤを貼っていきます。これで下地は完了、あとは好きなフローリングをガシガシ貼っていくのみです。

Exif_JPEG_PICTURE

一足先にベニヤ下地まで出来ていた入谷の現場では、ナラ材の無垢フローリングを貼っていました。この現場でもわんぱく応援マットを使っています。

Exif_JPEG_PICTURE

当たり前ですが、床材は部屋の雰囲気を決める大きな要素になります。一度貼ったら簡単に貼りかえも出来ませんし、長く付き合えることが大前提ではないかと。なのでやっぱり気に入って納得したものや、こだわったものにするべきだなと思います。

 

sidead

関連記事

2017.06.09 Fri

超大型の現場はこれから佳境です

西国分寺で進んでいる超大型の現場は、一階の工事も始まりました。今までは一階は営業していたので

記事を読む

2014.11.28 Fri

メカっぽい開閉スイッチ

ちょうど一ヶ月くらい前に秋葉原で見つけたスイッチが、 レンジフードの排気ダクトを繋ぎ込むダ

記事を読む

2014.12.08 Mon

新しい現場がスタート

ひとつの現場が終わり、また新しい現場が始まる。現場は出会いと別れを繰り返す男女のようでもあり

記事を読む

2016.05.16 Mon

学芸大学解体検査

先週から始まった学芸大学の現場。解体も無事完了したので、本日は解体後の躯体の状態のチェックや

記事を読む

2014.01.09 Thu

大きな蝶番

高田馬場の現場では建具をちょっと工夫してみました。 蝶番がトラックの荷台用扉のものになって

記事を読む

2016.04.14 Thu

パンチングのエアコン

今日は久しぶりのワンルームの現調。しかもかなりコンパクト(23平米)。キッチンも小ぶりでなん

記事を読む

2015.07.16 Thu

ビンテージマンションで楽しむスタイルのある暮らし

少し前ですが株式会社エクスナレッジより、書籍「ビンテージマンションで楽しむスタイルのある暮ら

記事を読む

2015.07.10 Fri

日吉、元住吉で現調

本日午後は日吉と元住吉で二物件の現調。日吉の物件は床がカーペット限定ですが、窓の外の景色に緑

記事を読む

2016.01.27 Wed

浴室にハーフバス設置

大久保の現場では浴室の設置が始まりました。今回使うのはTOTOのハーフバス。何度か使っていま

記事を読む

2018.04.10 Tue

リノベーション1年後

先日リノベーションしたお宅の一年点検に伺いました。入った瞬間に「ここはインテリアショップなの

記事を読む

sidead

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sidead

PAGE TOP ↑