床貼りと遮音等級と遮音マット

Exif_JPEG_PICTURE

なんか「部屋とYシャツとわたし」みたいなタイトルになってしまいましたが、清澄白河のリノベーション現場では床(フローリング)貼りの下地工事が始まりました。まずは謎の黒い物体を敷き詰めています。
この黒い物体はいったい何者!?

Exif_JPEG_PICTURE

正解は「遮音マット」。この現場はマンションの管理規約でフローリングを貼る際の床の遮音等級が決まられています。たまに特に遮音の規定のないマンションもありますが、ほとんどのマンションであると言ってもいいのではないでしょうか。
床があがっている物件(二重床)では、置き床で使う脚で支持脚等で遮音等級をクリアーできますが、今回の現場は直床(床の躯体に直接床を貼る)になるので、遮音の等級をクリアーするために遮音マットを使います。遮音マットを使わずに遮音性能のあるフローリングを使うという場合もありますが、正直あまりいいと思うフローリングがなくて、しかも遮音性能のあるフローリングは独特のフカフカ感があり、人によっては船酔いみたいになって気持ち悪いという方もいます。
今回この現場で使用しているのは「わんぱく応援マット」。L-40の遮音性能があってフカフカしないのが売りのすぐれものです。

Exif_JPEG_PICTURE

現場ではこんな感じで躯体にボンドを塗り塗りして、その上に遮音マットを敷いていきます。敷き詰めたらさらに上からベニヤを貼っていきます。これで下地は完了、あとは好きなフローリングをガシガシ貼っていくのみです。

Exif_JPEG_PICTURE

一足先にベニヤ下地まで出来ていた入谷の現場では、ナラ材の無垢フローリングを貼っていました。この現場でもわんぱく応援マットを使っています。

Exif_JPEG_PICTURE

当たり前ですが、床材は部屋の雰囲気を決める大きな要素になります。一度貼ったら簡単に貼りかえも出来ませんし、長く付き合えることが大前提ではないかと。なのでやっぱり気に入って納得したものや、こだわったものにするべきだなと思います。

 

sidead

関連記事

2016.11.08 Tue

あんまり知られていませんが、オフィスデザインもやっています。

あんまり知られていないのですが、住宅のリノベーション以外では、オフィスデザインもやっていたり

記事を読む

2014.11.18 Tue

アメリカ製のトグルスイッチ

武蔵関の現場ではアメリカ製のトグルスイッチを使っています。 プレートはステンレスで中身はブ

記事を読む

2015.02.05 Thu

ブルーボトルコーヒーのプレオープンに行ってきました

昨日、ブルーボトルコーヒーのプレオープンに招待していただいたので、早速行ってきました。外には

記事を読む

2014.06.26 Thu

ホームページ更新

少し遅くなりましたが、浅草橋のワンルームをホームページにアップしました。 海外のアパートメ

記事を読む

2015.10.16 Fri

芝浦の現場開始

八月に現調した芝浦の現場が今日から始まりました。二部屋に区切っていた壁を解体するとかなり明る

記事を読む

2014.01.24 Fri

赤坂のオフィス

先週撮影した赤坂のオフィスをホームページにアップしました。 コピーライター岡本欣也

記事を読む

2014.11.28 Fri

施主検査前のチェック

武蔵関の物件は明日の施主検査にむけて 本日各関係者で色々とチェックしてきました。 私も自

記事を読む

2015.12.25 Fri

今年最後の解体

メリークリスマス。サンタさんからのプレゼントは今日から始まる現場。場所は事務所からも近い台東

記事を読む

2014.11.16 Sun

吉祥寺の解体後現場確認

昨日は吉祥寺の解体後の現場を お客さんと一緒に確認してきました。 現場にて解体後の躯

記事を読む

2016.11.20 Sun

千駄木の戸建リノベーションの現場

千駄木の戸建リノベーションの現場は、2階LDKの床も貼り終わりキッチンの形も出来てきました。

記事を読む

sidead

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sidead

PAGE TOP ↑