床貼りと遮音等級と遮音マット

Exif_JPEG_PICTURE

なんか「部屋とYシャツとわたし」みたいなタイトルになってしまいましたが、清澄白河のリノベーション現場では床(フローリング)貼りの下地工事が始まりました。まずは謎の黒い物体を敷き詰めています。
この黒い物体はいったい何者!?

Exif_JPEG_PICTURE

正解は「遮音マット」。この現場はマンションの管理規約でフローリングを貼る際の床の遮音等級が決まられています。たまに特に遮音の規定のないマンションもありますが、ほとんどのマンションであると言ってもいいのではないでしょうか。
床があがっている物件(二重床)では、置き床で使う脚で支持脚等で遮音等級をクリアーできますが、今回の現場は直床(床の躯体に直接床を貼る)になるので、遮音の等級をクリアーするために遮音マットを使います。遮音マットを使わずに遮音性能のあるフローリングを使うという場合もありますが、正直あまりいいと思うフローリングがなくて、しかも遮音性能のあるフローリングは独特のフカフカ感があり、人によっては船酔いみたいになって気持ち悪いという方もいます。
今回この現場で使用しているのは「わんぱく応援マット」。L-40の遮音性能があってフカフカしないのが売りのすぐれものです。

Exif_JPEG_PICTURE

現場ではこんな感じで躯体にボンドを塗り塗りして、その上に遮音マットを敷いていきます。敷き詰めたらさらに上からベニヤを貼っていきます。これで下地は完了、あとは好きなフローリングをガシガシ貼っていくのみです。

Exif_JPEG_PICTURE

一足先にベニヤ下地まで出来ていた入谷の現場では、ナラ材の無垢フローリングを貼っていました。この現場でもわんぱく応援マットを使っています。

Exif_JPEG_PICTURE

当たり前ですが、床材は部屋の雰囲気を決める大きな要素になります。一度貼ったら簡単に貼りかえも出来ませんし、長く付き合えることが大前提ではないかと。なのでやっぱり気に入って納得したものや、こだわったものにするべきだなと思います。

 

sidead

関連記事

2016.03.10 Thu

大久保のカフェ部屋引渡し

昨日は先週カウンターを造作した大久保のカフェ部屋の引渡しでした。L字の窓が空間に明るさと広が

記事を読む

2016.04.21 Thu

駒形の現場スタート

昨日から駒形の現場が本格的にスタートしました。 まずは給排水とガスの配管作業で

記事を読む

2014.05.11 Sun

取材@一番町

昨日は某雑誌の取材で一番町のお宅へ。 天気もとても良くて、絶好の撮影日和でした。 いいペ

記事を読む

2017.07.13 Thu

藤沢の現場

解体が完了した藤沢の戸建リノベーションの現場は、かなり見通しが良くなっています。材料もかなり

記事を読む

2015.01.19 Mon

元浅草補修&撮影

本日は元浅草のお宅のちょっとした補修作業へ。お引越後はじめての訪問でしたが、とても素敵に暮ら

記事を読む

2016.02.14 Sun

元住吉の再販物件の撮影

先日、少し前に完成した元住吉の再販物件2件の撮影をしてきました。こちらはキッチンと個室がひと

記事を読む

2016.02.05 Fri

芝浦のリノベーションを撮影してきました。

昨日芝浦のリノベーションの撮影をしてきました。天井の高い空間に、贅沢にブリックタイルをつかっ

記事を読む

2015.12.04 Fri

塗装終盤

1日から始まった清澄白河(その2)の塗装も終盤。しかし白ってすごい。空間がものすごく明るく感

記事を読む

2015.09.07 Mon

元住吉で現場打合せ

今日は朝から元住吉で現場打合せ。解体の範囲や細かい納まりや仕様などを現場で確認。気がついたら

記事を読む

2013.12.05 Thu

パーケット

前から個人的に好きだったパーケットの床材。 ニッシンイクスのゴールデンチークパーケットです

記事を読む

sidead

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sidead

PAGE TOP ↑