産廃からはじまる創造/想像展

アイデア, 素材

THROWBACK」というプロジェクトのスタートに合わせた展示イベント「産廃からはじまる創造/想像展」をふらりと覗いてきました。
THROWBACKとは「投げ返す」という意味です。一度は産業廃棄物となり不要となったものを再生して、新たな価値を持ったプロダクトとして社会に投げ返したいという想いがあるプロジェクトだそうです。サステナブルな仕組みで、継続的に社会に流通させることを目的としたとても素晴らしい試みです。
そしてその想いはもちろんのこと、再生されたプロダクトたちも秀逸なんです。

これは信号機を使った照明器具。近年LED化の流れの中で交換・廃棄されてしまうものを蘇らせています。普段目線の高さで見ることがないので、その大きさに驚きますがこれは本当に欲しい!

この会議用テーブルの天板はソーラーパネルです。当然屋外使用にも耐えられます。
廃棄されるものも見方を変えれば宝物。これはリノベーションするときにも言えることですね。久しぶりに感動しました。
今月18日まで開催されているのでご興味のある方は是非。

sidead

関連記事

2014.02.25 Tue

プチロフト部屋

先月完成した高田馬場のプチロフト部屋を ホームページにアップしました。 手前に見える手す

記事を読む

2015.05.02 Sat

BRUTUS「居住空間学2015」

現在発売中の「BRUTUS」の特集は「居住空間学2015」。仕事にも参考になる素敵な空間も多

記事を読む

2016.08.31 Wed

チェスナットのフローリング

菊川の現場は床貼りが完了して、だんだんといい雰囲気になってきました。 今回もフ

記事を読む

2013.12.10 Tue

石貼りの玄関

いよいよラストスパートの一番町の現場。 解体で出てきた柱型と新たに貼った石の相性がいい。

記事を読む

2015.09.20 Sun

モビルスーツのような戸当たり

先日現調した物件で「既存の建具もいい感じですね」なんて話しながらドアをいじっていたら、マグネ

記事を読む

2017.01.29 Sun

天井の配管の有効活用

点検を兼ねて久しぶりにお伺いした清澄白河のマンションリノベーション。お部屋全体としてとても素

記事を読む

2017.05.05 Fri

BRUTUS「居住空間学2017」

現在発売中の「BRUTUS」の特集は「居住空間学2017」。 ディスプレイ、照明、キッチン

記事を読む

2015.11.03 Tue

一手間かけてみる

清澄白河の現場(その1)にて黙々と塗装したフローリング。こちらは床ではなく、冷蔵庫を隠す柱型

記事を読む

2014.09.18 Thu

白金高輪引渡し

先日カウンターを造作した白金高輪のカフェ部屋が完成です。 今回は黒板塗装やデスクス

記事を読む

2015.10.24 Sat

室内窓のある部屋

清澄白河の現場(その1)は着々と進んでいて、カタチが見え始めてきました。玄関側の個室には窓枠

記事を読む

sidead

sidead

PAGE TOP ↑