フレンチヘリンボーンの床

F001

三番町の現場は昨日からフローリングを貼り始めました。実は初めて挑戦のフレンチヘリンボーン。ヘリンボーンとは木材の小片を魚の骨のように貼りあわせたフローリングで、開きにした魚の骨の形状に似ていることから、herring(ニシン)bone(骨)と呼ばれています。それに対してフレンチヘリンボーンは、角を落として矢の羽根のように貼っていき、鋭くスタイリッシュながらクラシックな印象もあります。

普通のフローリングに比べると、貼り進めていくのに少し時間かかりますが、仕上がりはかなり良くなりそうな予感がビシビシとします。

 

sidead

関連記事

2016.03.28 Mon

雑誌「都心に住む」掲載

現在発売中の雑誌「都心に住む」の特集「名作マンションにおじゃましました」にて、一番町パークマ

記事を読む

2015.01.28 Wed

幅3mの大きなキッチン

吉祥寺のキッチンは光がよく入ってきてとても明るい。そしてなによりキッチンが大きいです。その幅

記事を読む

2014.06.13 Fri

古巣(?)で打合せ

久しぶりの日本橋小網町でBAUMさんと打合せ。 蔵前に移転する前はこの場所がオフィスでした

記事を読む

2016.01.13 Wed

大久保の現場開始

今日から大久保の戸建リノベーションの現場が始まりました。解体した屋根裏がなんだかかっこいいで

記事を読む

2014.12.26 Fri

今年最後の現場

今年最後の現場は外苑前のビラ・シリーズ。下地のチェックをしつつ、今年もとてもお世話になった大

記事を読む

2016.01.06 Wed

今年最初の現調

今年最初の現調は台東区駒形のいい感じのビルの二階。まだまだ未定なこと多いですが、隠れ家的なヘ

記事を読む

2016.12.08 Thu

レンジフードのない大きなアイランドキッチン。

先日ご紹介した千駄木の戸建リノベーションのキッチンが出来てきました。モールテックスで仕上げた

記事を読む

2016.08.01 Mon

学芸大学の施主検査

週末は学芸大学のリノベーションの施主検査でした。床の養生をはがした状態はやっぱりいいですね。

記事を読む

2015.08.23 Sun

三番町の取材

今日は某雑誌による三番町のリノベーションの取材でした。バルコニーとサンルームにもグリーンが増

記事を読む

2017.05.03 Wed

素敵な平屋戸建の現調

先日、藤沢にあるとても素敵な平屋戸建ての現調に行きました。築古ではありますが、もう外観から趣

記事を読む

sidead

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sidead

PAGE TOP ↑